離婚相談室:浮気離婚トラブル事例

case01「立場逆転」

夫が浮気していると確信したAさん。
ある日夫の後をつけ、女性のアパートに入っていく姿を目撃します。
その日は一旦帰宅しますが、すっかり頭に血が上ってしまったAさんは、浮気相手の女性に詫び状を入れてほしいと、日を改めその女性のアパートを訪れます。

「あなた、うちの主人と浮気しているんでしょ!!」
怒り心頭で彼女を問い詰めるAさん。
「証拠でもあるの?あるんなら出しなさいよ!」

思いもかけず、逆に女性からものすごい勢いで問い詰められてしまいます。
Aさんは夫がアパートに入っていく姿を目撃しただけで、証拠として残すことはしていなかったのです。
「見間違えじゃないの?かえって失礼よ!!」
そう言われてしまった証拠の無いAさんには引き下がるしか道がありませんでした。
その後、夫のガードは固くなってしまい、自力で証拠を見つけることが困難になってしまったことは言うまでもありません。

case02「法的失敗」

協議離婚で離婚が成立したBさん。前夫からは子供の養育費と慰謝料を毎月払い込んでもらう約束もしました。 しばらくは何事も無く、穏やかに離婚後の生活を送っていましたが、ある日突然、何の前触れも無く前夫からの養育費と慰謝料の払い込みが止まります。
前夫に連絡しようとしますが電話にも出てもらえません。

この時初めてBさんは自分自身の失敗に気付きます。
養育費と慰謝料の払い込みについての約束は公正証書として残すべきでした。公正証書として残しておけば、払い込みが行われなくなっても、 本裁判で判決したのと同じ扱いになるので前夫の財産の差し押さえが執行されます。
しかし、それをしなかったBさんにとって、養育費と慰謝料の払い込み再開の目処は立っていません。

相談・見積は無料&安心の価格設定

相談・見積は無料です。
どうぞお気軽にご相談下さい。

私たちは調査のプロであることはもちろん、お客様の抱える悩みに答えるプロでもあります。
お話をじっくりとうかがいお客様の味方となって、適切な調査方法を提案し具体的な解決方法のご相談にのります。そして、じっくりとご検討いただき、こちらの対応やお見積りに納得いただけましたら、ご契約となります。もちろん、他社と比較していただいたり、ご相談だけでも構いません。

契約後、お見積り以上の金額を
いただくことはございません。

調査をしていく過程で調査方法や時間の変更などがあった場合は、その都度ご確認した上で変更させていただいております。

調査は秘密減儒で行います。

お客様の秘密が外部に漏れることは絶対にありません。調査結果のご報告後、打ち合わせ議事録やメモなどの資料はすべてシュレッダー処理をして破棄しております。もちろん、調査も相手に知られることなく、現場を押さえ、決定的な証拠 を報告いたします。

お気軽にお問合わせ下さい。

ご相談何度でも!!
無料安心の全国対応、年中無休。
休日・夜間も対応

0120-531-007