お知らせ・トピックス

離婚後の養育費の不払い

養育費の不払いの現状

2016年度の厚生労働省調査によると、母子世帯は約123万世帯。父子世帯は約19万世帯。

また、非正規雇用の割合は母親が圧倒的に多く、母子世帯の平均年収は243万円にとどまる。養育費の取り決めをした母子家庭の割合は42.9%で、実際に支払いを受けているのは24.3%である。諸外国では養育費の強制徴収制度が取り入れられている。

離婚後の養育費の支払いを実際に求めると、時間と労力とお金が必要である。一般的には、「日本司法支援センター(法テラス)」を活用するのが現実的だろう。そこで、更なる問題が発生する事もある。別れた元配偶者の住所の判明勤務先の判明資産の判明など、一般の方では難しい調査が必要となる。

また、元配偶者の現在の生活状況も変化している事が多い。例えば、仕事が上手くいっていなくて収入が減っている。コロナの影響で収入が減った。現在、無職である。新たな家庭を持ったなどなど。

養育費の支払いを求めてから、実際に養育費が振り込まれるまでは、手続きが煩雑で様々な問題が多い。特に弁護士や探偵調査にかかる費用の問題がある。

日本は海外と比べて子供を大事に考えていない。離婚したら親子関係も切れると勘違いしている考えた方の風土がある。

離婚時に強制徴収できる制度にするか、そもそも養育費を子供の権利とし、母親が代わりに手続きを代行する考え方がこれからの時代だと思う。

私は探偵を長くしている。養育費に関する調査は、現在の制度上必要ではあるが、弱者に対して追い風となってはいない。

ネット中傷厳罰化へ

社会問題化しているインターネット上での誹謗中傷に対応する為に、侮辱罪が厳罰化される見通しとなった。

インターネット上では誹謗中傷を受けた方が自殺するなど、誹謗中傷を行った人物に対する刑法は「侮辱罪」で裁かれるが、現状の時効1年から3年に延びる。また、「1年以下の懲役・禁固または30万円以下の罰金」と重くなる予定である。

文部科学省の調査では、パソコンや携帯電話などを用いた中傷の件数は、2019年度1万7924件。5年まえの約2倍以上と多くなっている。

ネット問題に詳しい弁護士は「抑止力にはなるが、十分ではない。根本的な解決を目指すには教育などを通して啓発を続けるしかない」と話している。

このネットでの誹謗中傷が大きく問題となったのは、フジテレビのリアリティー番組「テラハウス」に出演し、会員制交流サイト(SNS)で中傷を受けたプロレスラー木村花さん(22歳)の自殺が契機となった。母親の響子さん(44歳)は、「一歩進んだのはありがたいが、命を落としたり仕事が出来なくなったりという被害の重さを考えると、まだ軽い。これで終わりではなく、始まりとしていろいろな働きかけをしていく」と力強く語っている。

刑法第39条

条文

(心神喪失及び心神耗弱)

第39条
  1. 心神喪失者の行為は、罰しない。
  2. 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

本条は、心神喪失者及び心神耗弱者の責任能力に関する規定である。

行為者に責任能力がない場合には、行為者が違法行為をしたことについて非難することが出来ず、責任が認められないがゆえに犯罪は成立しない。ゆえに本条1項が、「心神喪失者の行為は、罰しない」と定めることによって、責任能力が欠ける責任無能力者についての行為に犯罪が成立しないことを明らかにし、同2項が「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する」と定めることにより、責任能力があるものの、その能力が著しく低い場合には、それに応じた刑の軽減が必要的にされるべき旨を明らかにする。

行為に対して人は責任を持ちます。罪と裁かれれば罰(報い)を受けます。犯罪者は非難されるべきだからです。罰もまた責任です。報いを果たさせて「もうこりごりだ」と思いこませるのが刑罰の基本。物事の良し悪しの判断がまったく付かない状態で、犯罪に当たる行為に及んだとしても責任(非難)の問いようもないので心神喪失=責任無能力の者は罰しないという考え方で西欧を中心に近代刑法が登場した19世紀頃すでにハッキリと現れています。その頃同じような主張をしたマックノートン・ルールなどが日本の刑法の基盤となっています。「責任なければ刑罰なし」の原則とも呼ばれます。 仮に心神喪失の者が殺人を犯して懲役20年の判決を受け確定したとします。しかし彼・彼女は何でそうしたのかも、そうした事実も認識できません。要するにわけがわからないのです。それを懲役という罰を与えて非難されても、やはり意味が理解できません。よって矯正(欠点を直す)効果も期待できないのです。

刑法39条をめぐる論点・課題

被害者や遺族は苦しみ続ける

「被害者、遺族からすれば、事件の真相もわからず、運が悪かった、ということで済まされてしまう。おかしくないですか」

 

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  • 次へ進む

相談・見積は無料&
安心の低価格

相談・見積は無料です。
どうぞお気軽にご相談下さい。

私たちは調査のプロであることはもちろん、お客様の抱える悩みに答えるプロでもあります。
お話をじっくりとうかがいお客様の味方となって、適切な調査方法を提案し具体的な解決方法のご相談にのります。そして、じっくりとご検討いただき、こちらの対応やお見積りに納得いただけましたら、ご契約となります。もちろん、他社と比較していただいたり、ご相談だけでも構いません。

契約後、お見積り以上の金額をいただくことはございません。

調査をしていく過程で調査方法や時間の変更などがあった場合は、その都度ご確認した上で変更させていただいております。

調査は秘密厳守で行います。

お客様の秘密が外部に漏れることは絶対にありません。調査結果のご報告後、打ち合わせ議事録やメモなどの資料はすべてシュレッダー処理をして破棄しております。もちろん、調査も相手に知られることなく、現場を押さえ、決定的な証拠を報告いたします。

所長 松本努
探偵歴20年以上 ガルエージェンシー仙台青葉 所長 松本努 にご依頼ください!

浮気・不倫問題・行方調査に強い
専門調査員がサポートします。
お一人で悩まず安心してご連絡ください。

無料相談秘密厳守

日本全国に対応
無料相談・見積

24時間365日休日夜間も対応

0120-531-007

ガルエージェンシー仙台青葉は、お客様の個人情報の取扱いには万全の注意を払っており、お客様の個人情報を、第三者に開示もしくは提供は一切致しません。

  • 企業情報管理士2011年認定
  • 個人情報保護士2011年認定
  • 情報セキュリティ管理士2011年認定

24時間365日 無料相談・秘密厳守