お知らせ・トピックス

探偵料金は相手側に請求できる

探偵調査料金を相手側に請求できるケースの考察

 

探偵調査料金を相手側に請求できるケースとできないケースがあります。

 

ここでは肯定例の説明をします。東京地裁平成23年12月28日判決は、「原告がその立証のために探偵業者に調査を依頼することは、必要且つ相当な行為であったと認められ、本件訴訟においても、上記調査報告書は、被告が自白に転じなければ・・・不貞行為を立証する上で最も重要な証拠であったと言えるほか、同不貞行為が行われた各日における配偶者の手帳中の被告との記載とあいまって他の不貞行為においても一応有益であったと言える。したがって、原告が支出した上記調査料金のうち100万円を上記不法行為と相当因果関係のある損害と認めるのが相当である。」として一部認容しました(調査費用は約157万円でした。)。

 

それでは、裁判で調査費用の請求が認められるための条件は、どう考えられているのでしょうか?

どのような場合であれば、裁判所は浮気調査にかかった費用を夫(妻)や浮気相手に請求することを認めてくれるのでしょか?

 

基本的な考えは、「探偵による調査が必要だったのか」が争点になる様です。

 

裁判所が調査費用の請求を認めるのは、不貞行為の証拠をつかむために、「探偵の浮気調査が必要だった場合」に限られます。下記の4つの条件をみたせば、探偵調査料金の請求が認められる様です。

 

  • 夫(妻)が浮気の事実をかたくな否定していた
  • 夫(妻)が単身赴任で別居中のため調べようがなかった
  • 仕事や子育てのため、夫(妻)を調べる時間を作ることができなかった
  • 探偵による浮気調査によって、不貞行為が明らかになった

 

普通の生活をしていれば、多くは③に該当するでしょう。普通の方は、探偵の様にチームを組んで探偵調査をする事は出来ません。

 

よって多くの場合は、探偵に浮気調査を依頼しなければ、「浮気(不貞行為)の証拠を集めることができなかった」と裁判所が判断するため、調査費用を夫(妻)や浮気相手に請求することができます。

 

最近の判例

A:東京地裁平成20年12月26日判決

調査費用125万円のうち、100万円が認められました。

 

B:東京地裁平成23年12月28日判決

調査費用157万円のうち、100万円が認められた。

 

最近では、慰謝料の他に探偵調査料金を経費として別に請求する(任意)ケースが主流となっています。

私(探偵)も、裁判による時代の流れを実感しています。

 

相談・見積は無料&
安心の低価格

相談・見積は無料です。
どうぞお気軽にご相談下さい。

私たちは調査のプロであることはもちろん、お客様の抱える悩みに答えるプロでもあります。
お話をじっくりとうかがいお客様の味方となって、適切な調査方法を提案し具体的な解決方法のご相談にのります。そして、じっくりとご検討いただき、こちらの対応やお見積りに納得いただけましたら、ご契約となります。もちろん、他社と比較していただいたり、ご相談だけでも構いません。

契約後、お見積り以上の金額をいただくことはございません。

調査をしていく過程で調査方法や時間の変更などがあった場合は、その都度ご確認した上で変更させていただいております。

調査は秘密厳守で行います。

お客様の秘密が外部に漏れることは絶対にありません。調査結果のご報告後、打ち合わせ議事録やメモなどの資料はすべてシュレッダー処理をして破棄しております。もちろん、調査も相手に知られることなく、現場を押さえ、決定的な証拠を報告いたします。

所長 松本努
探偵歴20年以上 ガルエージェンシー仙台青葉 所長 松本努 にご依頼ください!

浮気・不倫問題・行方調査に強い
専門調査員がサポートします。
お一人で悩まず安心してご連絡ください。

無料相談秘密厳守

日本全国に対応
無料相談・見積

24時間365日休日夜間も対応

0120-531-007

ガルエージェンシー仙台青葉は、お客様の個人情報の取扱いには万全の注意を払っており、お客様の個人情報を、第三者に開示もしくは提供は一切致しません。

  • 企業情報管理士2011年認定
  • 個人情報保護士2011年認定
  • 情報セキュリティ管理士2011年認定

24時間365日 無料相談・秘密厳守