知的財産権の侵害

証拠収集調査、裁判資料作成

大切な知的財産を侵害するコピー商品などが最近インターネットなどで販売されています。その被害は年を増すごとに増えています。特に著作権侵害などは刑法に触れます。私どもはコピー商品の証拠収集(分析、報告書作成)から販売者の特定を行い弁護士事務所に委託し損害賠償を行ない、今後の抑制の対策を建てています。大切な知的財産権をお守り致します。

著作侵害賠償請求の流れ

  1. 調査依頼
  2. 証拠収集
  3. 裁判資料
    作成
  4. 弁護士に
    依頼

内容証明にて損害賠償請求

相談・見積は無料&安心の価格設定

相談・見積は無料です。
どうぞお気軽にご相談下さい。

私たちは調査のプロであることはもちろん、お客様の抱える悩みに答えるプロでもあります。
お話をじっくりとうかがいお客様の味方となって、適切な調査方法を提案し具体的な解決方法のご相談にのります。そして、じっくりとご検討いただき、こちらの対応やお見積りに納得いただけましたら、ご契約となります。もちろん、他社と比較していただいたり、ご相談だけでも構いません。

契約後、お見積り以上の金額を
いただくことはございません。

調査をしていく過程で調査方法や時間の変更などがあった場合は、その都度ご確認した上で変更させていただいております。

調査は秘密減儒で行います。

お客様の秘密が外部に漏れることは絶対にありません。調査結果のご報告後、打ち合わせ議事録やメモなどの資料はすべてシュレッダー処理をして破棄しております。もちろん、調査も相手に知られることなく、現場を押さえ、決定的な証拠 を報告いたします。

お気軽にお問合わせ下さい。

ご相談何度でも!!
無料安心の全国対応、年中無休。
休日・夜間も対応

0120-531-007